確かな実力と豊富な実績に培われたIPOとM&Aのプロフェッショナル集団です

M&Aコンサルティング

M&A(エムアンドエー)とは、企業の合併や買収、企業間資本・業務提携、事業譲渡などの総称。英語の merger and acquisition(合併と買収)の略。
2005年に行われたライブドアのニッポン放送株の敵対的買収を機に、広く一般にも知られることとなり、2007年から2008年にかけては百貨店の統合が相次ぎ、 いよいよ一般消費者が普段の生活で触れる企業でも本格的なM&Aが始まりました。M&Aというと、これまでは大手企業が経営不振に陥った企業を救済するものがほとんどでしたが、現在は 大手・中小に関係なく、多くの企業が生き残りを賭け、M&Aを行う「サバイバル型M&A」の 時代を迎えています。
当社は、M&Aのプロフェッショナル集団として、経験豊富なコンサルタントが数多くの 実績で培ったノウハウを駆使し、貴社の業績拡大のためのM&Aが、最大の効果を もたらすようにご支援いたします。

M&Aコラム

M&A支援コンサルティングの下記、各項目に関しては、ビジネス誌を発行している(株)ビッグライフ社発行のビッグライフ21・2016年5月号よりM&Aコラム・M&A実務基礎編、応用編を連載しており、詳細を解説しております。リニューアルした、本ホームページにも2017年4月1日より毎月1日に随時転載をスタートします。ご参照お願いします!!

M&A支援コンサルティング

①企業価値評価・分析・株価算定。売買価格算定。
②M&Aストラクチャーの検討
③M&A企業先の情報収集・選出・打診
④条件交渉
⑤デューディリジェンス(財務・法務詳細調査)の実施
⑥基本合意書の作成、売買契約書の作成

M&Aアドバイザリー業務

基本スタンス
M&Aアドバイザリーとして 売手側もしくは買手側顧客との直接コンタクトを大原則と考えております。(単独/共同アドバイザー)従いまして、下記条件の案件は原則として承ることができません。
・売手側 もしくは 買手側顧客と直接コンタクトが取れない案件
・機密保持契約(NDA)並びにM&Aアドバイザリー契約が締結できない案件
・売手側・買手側顧客双方より単独アドバイザーとして了承を得た場合は、直接仲介業務を承ります。

サービス内容(ディール・プロセス順)

  • ①企業価値評価・分析
  • ②M&Aストラクチャーの検討
  • ③M&A企業先の情報収集・選出・打診
  • ④条件交渉
  • ⑤対象企業との交渉
  • ⑥デューディリジェンス(財務・法務)の実施
  • ⑦基本合意書の作成、売買契約書の作成

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.